季節のおすすめリフォーム

季節のおススメリフォーム 雪止め

知り合いの農家の方から「カメムシが大量発生した年は、大雪が降るよ。寒い冬になるよ。」と教えてもらったことがあります。

まさにこの秋、弊社事務所の周りではカメムシが例年見ないくらい発生していました。

もしかするとこの冬は、久しぶりに大雪になってしまうかもしれません。

数年前の大雪では家に帰るのも、会社に行くのも非常に苦労した記憶があります。

(2018年1月22日撮影)

また、お客様からも雪被害のお電話をたくさんいただきました。

万が一に備えて、今から点検などご検討されてみてはいかがでしょう。

 

今回のおススメリフォームは、

その名もズバリ雪止め設置工事のご紹介です。

 

横浜などは毎年大雪になることもないので、雪止めを取り付けていないお宅も良く見受けられます。

雪止めとは読んで字のごとく、屋根に取り付け雪が一気に下に落ちないようにするための金具です。

この下に一気に落ちない」と言うのがポイントで、中途半端に溶けた雪がかたまりで落ちてきて植木や車を傷つけたり、最悪な場合は人の上に落ちて怪我などに繋がり兼ねないからです。

また、法律(民法第218条)で、「土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない」と定められていて、雨水に落雪が含まれると解釈されることがあるそうです。

隣家に落雪し、住宅やカーポートなど破損した場合の賠償などで色々もめることも多くあるそうですが、その場合は雪止めなどで、考えられる対応をしているかどうかが問題になることもあるとか。

 

また、雨樋や軒先の破損を防いでくれるメリットもあります。(雪は見た目以上の重みがありますので)

ただ、雪止めと一口で言っても色々な形状や種類があるので、現状の屋根にあったものを選ばないとなりません。

適切な種類で、適切な施工をしないと雨漏りの原因になったりします。

場合によっては修理や補修に金額がかかってしまい、いっそ新しく葺き直した方が安くて安心の場合もあります。

<例:瓦屋根の雪止め>

 

瓦屋根の場合、「雪止め瓦」と言って瓦自体に雪止め機能がついているものがあります。

<例:スレート屋根の雪止め>

<例:金属屋根の雪止め>

写真を見ていただくとわかるように、軒先より少し上に設置します。

これは雪の重みなどで、軒先や樋の破損、また急な落下を防ぐための物です。

 

屋根や雨樋の点検と合わせてお気軽にご相談下さい。

2021-11-15 | Posted in Blog, 季節のおすすめリフォーム

 

玄関ドア当社施工のご紹介

8月に玄関ドア「リシェント」のご紹介をさせていただきました。

ちょうどその後、タイムリーに「玄関ドア交換工事」のご依頼があり、ブログの記事とは関係なくご契約をいただいたのですが商品が「リシェント」だったので、お客様にお願いをして写真を撮らせていただきました。

掲載に快くご了承をいただき、ありがとうございます。

 

★旧玄関ドア

工事課の伊藤社員より:木製だったため、少々重い玄関扉でした。とのこと

鍵も昔のタイプで、チェーンと鍵1つ。昔からある普通のタイプですね。

 

★新玄関ドア「リシェント」

伊藤社員曰く:工事後、夕方近くに撮影したのでちょっと西日で光っちゃいましたとのこと。

以前のドアと比べると開閉が軽くなりました。

真ん中に明り取りの窓があるので、玄関の中に陽が入り明るくなっています

取っ手も大きく、カギも2重鍵で防犯性の高いものになりました。

 

工事は午前8:30ごろから開始し、お昼休憩をはさんで午後2時ごろに終了したとのこと。1日弱での工事となりました。

今回の工事で、少しでも快適で安全に過ごしていただけたらと思います。

改めまして、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

玄関ドアの施工をお考えの方は、よろしければお気軽にご相談ください。

横浜支店フリーダイヤル:0120-583-585

2021-11-07 | Posted in Blog, 季節のおすすめリフォーム

 

季節のおススメリフォーム 台風・豪雨編

前回、換気のできる玄関ドア「リシェント」をご紹介しました。

今回は「こんな商品」と言うよりは、「こんなリフォームもありますよ」のご紹介です。

例年ですとそろそろ本格的な台風シーズンに突入となります。その前にこんなリフォームはいかがでしょう。

・雨戸・シャッターの新設や付け替え

ここ最近の新築住宅では、採光を良くするために雨戸を付けずに窓を大きくしているお宅が増えています。

これはアルミサッシやガラスの技術が向上し、外れたり、ガタガタ音を立てづらくなり、防音技術も発達し、2重ガラスなどで強度も増したりしたことから可能になったことです。

ただ、近年の非常に強い暴風の影響か、

モノが飛んできてガラスが割れるのが怖い、

嵐の様子が目・耳に入るのが怖い、

と言った理由で雨戸を新設するお宅が増えているそうです。

実際、ポイ捨てされた空のペットボトルやしまい忘れのプラスチックの植木鉢などの軽いものでも窓ガラスが割れる被害の報告も。

窓横にスペースがないお宅は、上から下ろす形のシャッターの新設をオススメします。

シャッターは電動の物が多いのでお子さんや女性、ご高齢の方など力が弱い方にはおススメです。

 

古いお宅ではまだ木の雨戸や戸袋のお宅も多く「重くて、引っかかって開け閉めが大変」と「軽くて開け閉めが簡単なアルミのサッシや雨戸」に交換される方もいらっしゃいます。

また、アルミのサッシだと箱型の戸袋ではなく、上下のレールだけで雨戸をまとめるタイプもあるので箱型の戸袋に虫や小動物が巣を作ってしまうこともありません。

(弊社でもたまに、小鳥やコウモリなど小動物が巣を作ったとご相談をいただくことがあります。)

防犯の面でも、雨戸を開ける時に音がする、開けるのにガラスだけより時間がかかるなどの理由から空き巣などから敬遠されやすいとも言われています。

また、今は採光できるものや風を取り込めるものなどバリエーションも豊富になっています。

新築のお宅にしろ、古いお宅にしろ、最近になって雨戸・シャッターの新設や交換工事のご検討が増えているのは、やはり防災の意味が多いように思います。

最近の台風の大型化や暴風雨、竜巻の発生など経験のない自然災害が増えています。

何もないのが一番ですが、もし良かったらご検討ください。

 

・ガラスフィルム

雨戸やシャッターの新設・交換などはそれなりに金額もかかります。

もっと安価で、安心と安全・お手軽なのがガラスフィルムです。

今は100均ショップのリフォームスペースなどでも売られていますね。

1枚貼っているだけで強度は多少でも増しますし、もしガラスが割れたとしても破片が飛び散ることもありません。

もちろん、空き巣などが特殊なカッターやハンマーで窓を割ろうとしても、簡単に割ることができないので防犯の面でも安心です。

最近は、紫外線がカットできるものや、ステンドガラス柄やリーフ柄など華やかなものなど、フィルム自体の性能も良くなってバリエーションも豊富です。

外からの目隠しにもなります。

ただ、家中貼っていくとなるとご自分だけでやるのは大変です。

まずはご家族が集まり窓も大きいリビングから、寝室を優先に、次は1階の部屋、2階へなど少しづつ順番にされても良いと思います。

当社でもサンゲツさんやリリカラさんの商品をご紹介・貼り付け作業もできますので、良かったらこちらもお気軽にご相談ください。

 

横浜支店フリーダイヤル:

0120-583-585

お気軽にご連絡ください。

 

 

「換気できる玄関ドア」

季節のおススメリフォーム 夏編

「換気できる玄関ドア」

 

コロナや熱中症と、身体に厳しい日々が続いております。

みな様、色々な工夫をしてこの日々を乗り越えられていると思いますが、ちょっとご紹介したいリフォームがあります。

 

感染症対策の為に「換気をしましょう」と良く言われるようになりました。

推奨されているのは2点換気と言って、風の入口・出口と2か所の換気できるところを開けましょうと言うもの。

しかし、安全に防犯に気を配りながら換気をするのは思っている以上に大変で、なおかつ春から夏は外から入ってくる虫も気になります。(人の目も気になりますよね。)

そこで今回ご紹介するのが、リフォーム玄関ドア「リシェント」(メーカー:リクシル)です。

簡単にご説明すると、玄関ドアに直接網戸用窓をつけ、施錠した状態でも換気ができるようにしたドアです。

採光・防犯にも優れ、風の通り道になるのでカビや匂いも抑えられます。

日中でも照明が必要だったり、北向きで暗かったり、

湿気やカビ、こもった匂い、開けたままの換気は防犯が心配、虫だって入ってくるかも、

などなどのお悩みを一挙に解決!

明るくて、風通しの良い玄関を!

玄関からの2点換気で、室温が約マイナス4度も下がったと報告もあるそうです。

 

★before→afterはこんな感じに

大きく分けて、窓を上下に開けられるもの、手前に大きく開けられるものの2種類があります。

上下に

  手前に

隙間は格子状になっていて、虫も手も入れません。防虫も防犯も万全!

他にもバリエーションも多く、ピッキングに負けない「2ロック仕様」、オートロックや断熱仕様など色々な機能が盛り沢山で、ここではご紹介しきれない程です。

もし興味を持たれたら、「リシェント」で検索してみてください。

 

本当は7月の初め位にご紹介しようと思って社長にも相談していたのですが、うまくまとめられず1か月遅れのご紹介となりました。

今はエアコンを使用されていると思いますが、秋になる前に工事されておけば涼しくなり始めた頃にはちょうど使えて良いのではないかと思います。

ぜひご検討ください。また、お気軽にご相談ください。